MENU

教員コラム

2017.12.09 - コミュニケーション学科  コミュニケーション・プロジェクト5&6

いよいよ来年度から人間共生学部の「プロジェクト科目」が開設されます。同学部の3年生は、春学期に教室を出て、地域のコミュニティーや海外で主体的に課題解決に取り組むことになります。社会という現場を経験し、考える力や実践力を身につけてもらうことが、この科目の目的です。

コミュニケーション・プロジェクト5および6は、コミュニケーション学科が提供する海外留学のプログラムです。プロジェクト5は、英語圏の大学での4~6週間、プロジェクト6は8~10週間の語学研修です。期間中は、現地の家庭でホームステイ、あるいは大学の寮に滞在します。英語の学習はもとより、海外で「生活する」ことで、異文化世界を自分の目で見て、体で感じる学びを得ることができる体験です。異なる文化的背景を持つ人々とのコミュニケーションを通じて生まれる相互理解の大切さを認識すると同時に、母国である日本を見つめ直す機会となることでしょう。

 

研修先は、下記の4か国・4大学で、10の研修パターンを用意しました。

 

・オーストラリア  ニューカッスル大学                              ①5週間、②10週間

・アメリカ     セントラル・コネチカット州立大学     ③6週間、④10週間

・ニュージーランド リンカーン大学               4週間(⑤英語のみ、⑥英語+ランドスケープ、⑦英語+ラグビー)、⑧8週間

・マレーシア    サンウェイ大学                                 ⑨4週間、⑩10週間

 

いずれの大学も、英語教育の経験と実績、治安、環境等を考慮し選定された本学の協定校で、今回のプロジェクト開設に向けて2015年度から協議を重ねてきました。ニュージーランドのリンカーン大学は、その特徴から英語+ランドスケープ、英語+ラグビーの留学が可能です。なお、ニューカッスル大学とセントラル・コネチカット州立大学は、コミュニケーション学科のダブルディグリー・プログラムの対象校となっています。

 

目下、本担当者は、このプロジェクトを選んだ学生の留学準備指導、研修先大学との詳細な調整、旅行代理店との打ち合わせに奔走しています。学生たちは期待と不安の中、英語学習、研修申込書等の英文書類作成、異文化の中で世界各国から集まってくる学生たちの一員となる心の準備に専念しているところです。このプログラムがグローバル社会を逞しく生きていくための「初めの一歩」になることを切に願っています。

 

*ダブルディグリー・プログラム:4年間でKGUと海外大学双方の学位が取得できるプログラムです。

newcastle

ニューカッスル大学修了式

セントラル・コネチカット州立大学

セントラル・コネチカット州立大学

リンカーン大学

リンカーン大学

サンウェイ大学

サンウェイ大学