教員紹介

海老根 秀之

氏 名 海老根 秀之 (エビネ ヒデユキ)
所 属 人間共生学部 共生デザイン学科
職 名 准教授
専攻分野 画像処理、画像認識、映像制作
最終学歴 工学院大学大学院工学研究科情報学専攻博士後期課程 修了
学部担当科目 映像・画像処理論、映像制作演習、映像制作応用、コンピュータミュージック
研究テーマ )新たな映像表現手法の開発 3D映像の制作
主要業績 (論文)
・『車載S3Dバックモニタの試作に関する検討』関東学院大学理工/建築・環境学会 研究報告 第57-2巻、2014年.
・『電子教材の学習性に関しての検討』関東学院大学理工/建築・環境学会 研究報告 第57-1巻、2013年.
(作品制作)
・『Hallucination and Harmony 幻視と調和』、金大偉コンサートの予告編CM映像制作、YouTube、2017年.
・『CHINKON鎮魂〜鎮魂組曲コンサート in 東京〜』、金大偉コンサート用映像制作、座・高円寺、2017年.
・『Landscape of Illusion and Colors 夢幻と色彩の風景』、空間映像インスタレーション用映像制作、文京区立森鴎外記念館、2015年.
・『富士祝祭〜富士山組曲〜』、金大偉コンサート用映像制作、座・高円寺、2015年.
・『アサヒビール株式会社からの寄付金を活用した「奈良が誇る文化財の保全事業」【能楽のふるさとを伝え残そう】「奈良市奈良坂町 奈良豆比古神社 翁舞」/「山辺郡山添村 春日神社 申祭り 翁舞」/「磯城郡田原本町 能楽のふるさとを訪ねる」(秦楽寺、補厳寺)/「村屋神社 代々神楽」』3D Blu-ray制作、2012年.
・『Natural illusion and flower』、金大偉の3D映像と音楽によるインスタレーション空間展、若山美術館、2011年.
ほか.
受験生への
メッセージ
DVD、インターネットに加え、映像が再生できる携帯端末、地上波デジタルのワンセグ放送など、いつでもどこでも映像が楽しめる時代になった。映像による表現もデザインの1領域。共生デザイン学科で制作方法を修得して映像でメッセージを伝えられるようになろう。
ゼミの内容 様々な映像表現手法を研究対象とし、「もし自分がその作品の制作者だったら」という視点で主体的に考えていく。そこで得られた気づきを基に、オリジナル映像の表現手法を検討していく。
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2015 Kanto Gakuin University All rights reserved.