教員紹介

人間共生学部教員コラム vol.31

2009.09.17  井上 枝一郎

コミュニケーション学科 井上枝一郎ゼミナール

井上先生のゼミナールはとても自由な雰囲気です。留学生も二人いますが、多分メンバーに恵まれているからだと思います。下の写真がそのメンバーの顔ぶれです。

 

 

(↑集合写真)

学生が書くゼミ論のテーマも全く学生の自由です。これは、社会のどのようなテーマを採り上げても、「総て最後は人間の問題に行き着く」、という心理学を研究している先生の考え方が基本にあるからです。例として、今の3年生のテーマを2,3挙げてみると、「少子化問題に対策があるか」、「セレクトショップはなぜ人気があるか」、「日本と中国の漢字の違い」等々です。その自由さが分かると思います。もちろん、ゼミの進め方も自由な雰囲気です。下の写真は、ある日のゼミの風景です。順番に発表が回ってきますが、皆なパワーポイントを駆使して一生懸命です。聞いている学生も、その日に発表されるテーマについて活発に(勝手に)自分の意見を述べます。たいがい脱線して話はそれますが、これも役立ちますし楽しい時間です。

 

 

(↑ゼミ発表)

井上ゼミのもう一つの特徴は、先生が実際の社会で進めている調査研究に参加できることです。6月には、ゼミ生が皆で現地に手伝いに出かけました(これってアルバイト料も払ってもらいました)。その時のテーマや先生と学生の時間的都合にもよりますが、行き先は国内だけでなく外国の場合もあります。今までで国内で遠いところは、島根県松江市や福井県敦賀市などです。今年の外国の場合は中国の上海市と西安市でした。通訳を兼ねるということで留学生の2名が参加しましたが、去年は日本人の学生も上海市に出かけています。下の写真は今年参加した3年生の二人の留学生が記録してきたものです。

 

 

(↑兵馬俑)

これからも、きっと楽しい出来事がたくさんあると思いますので、勉強に遊びに皆で頑張ります。

 

 

周 莉莉、宮 英静(コミュニケーション学科3年 井上ゼミ所属)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2015 Kanto Gakuin University All rights reserved.