教員紹介

人間共生学部教員コラム vol.14

2008.12.25  デニス J.ノーラン

南足柄の便り

東京から神奈川県南足柄市へ移り住んで12年、
山の中で暮らしている。
比較的、自然には恵まれ、静かな環境であるが、
その自然を楽しむ余裕がない日々を過ごしてきた。
恥ずかしながら、趣味すら持てない状態だった。

 

 

(南足柄の田園風景)

ところが縁あって今年2月に知人が貸し農園を始めることになり、
誘いを受けた。
東京では無償で借り受けた100坪強の菜園を耕作していたので、
少しは知識があるつもりだったが、
ここ、南足柄での野生動物についての知識は不足だった。
トウモロコシは猿が、
サツマイモはハクビシンといのししが喜んで食べた。
もちろん残念ではあったが、
野生動物も山から降りてこないと食べていけないのだから、
誠に気の毒である。

それでも、じゃが芋、きゅうり、トマト、ピーマン、人参、かぼちゃ
など収穫があった。
自分で耕作した野菜が食卓に並ぶ幸せはちょっとうれしいものである。
自然の恵みに感謝である。

 

 

(戦う相手、スギナ)

デニス J.ノーラン(コミュニケーション学科)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2015 Kanto Gakuin University All rights reserved.