教員紹介

人間共生学部教員コラム vol.3

2008.07.10  青柳 明

セント・パトリックス・デイ・パレード(聖パトリックの祝日)

この3月、学生諸君と共に語学研修の為
オーストラリアのブリズベンを訪れました。
その時出会ったパレードのお話です。

 

 

↑(パレード用に着飾った子供達)

世界には多くのパレードがありますが、
その中でも聖パトリックの祝日に行われる
セント・パトリックス・デイ・パレード
(St. Patrick\’s Day Parade)は特に有名です。
聖パトリックはアイルランドにキリスト教を広めた聖人で、
3月17日が命日であり、
この日はアイルランドの祝祭日になっています。
この祝日が世界中に広まり、
今日多くの国でこの日にパレードが行われています。

 

 

↑(アイルランドの国花である「シャムロック」もしくは「緑色」のものを身に付ける。)

ではなぜアイルランドの祝日が世界に広まり、
今も祝われているのでしょうか。
それは19世紀のアイルランドで
主要食物のジャガイモに「疫病」が発生したことに
端を発しています。
ジャガイモの不作で飢饉に陥ったアイルランドから
多くの人達が新天地を求め移住していきました。
最も多くの人達が移住先として選んだのはアメリカ合衆国ですが、
オーストラリアにも多くのアイルランドの人達がやってきました。
現在のオーストラリアには彼らの子孫を含む
多くのアイルランド系の人達が住んでおり、
この日の前後には各地でパレードをして祝日を祝っています。

 

 

↑(南半球の3月は夏、パレードの後は冷たいビールが美味しい。)

パレードも歴史を調べてみると興味が湧いてきますね。

 

 

↑(アイリッシュ・ウルフハウンドは温厚な大型犬である。)

 

 

青柳 明(コミュニケーション学科)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2015 Kanto Gakuin University All rights reserved.