教員紹介

人間共生学部教員コラム vol.239

2018.05.09 コミュニケーション学科 折田 明子

幼な子たちを見ながら思うこと

2月にタイのバンコクをヒアリング調査のため訪問してきました。

初日のヒアリングは、タイ王国政府総合庁舎に行きました。

先の国王陛下の御年80歳を記念して造られたこの施設の正式名称は非常に長く、

『The Government Complex Commemorating His Majesty The King’s 80th Birthday Anniversary, 5th December, BE 2550(2007)』といいます。

 

非常に大きな建物でした。むしろ、屋根付きのドームと言えるかもしれません。

写真のように中央に空間がありその周囲を各府省が取り囲む構造になっていました。

オフィスだけで無く、カフェ、コンビニのほか、通路で突然洋服のセールが

行われていたりするなど、ショッピングモールに似た雰囲気もありました。

 

府省間の移動はすぐで、フロアの行き来だけで済みました。

ただ、バンコク中心部から総合庁舎までは相当時間がかかりました。

しかも、車で移動するしかなく、UBERを使いました。

(注:訪問から約1ヶ月後の2018年3月26日、UBERは東南アジアの事業を競合のGrabに売却すると報道がありました)

 

距離はそれほどでなく見えても、バンコク市内の渋滞は凄まじく、

車の隙間を原付やオートバイがすり抜けて行きました。

その後部座席には、スマートフォンを操作しながら横座りしている人ばかり。

歩行者も、そして店番をしている人達も、視線はスマートフォンに向けられていました。

 

タイ王国では、携帯端末によるインターネット普及が一気に進み、若年層の方が

インターネット利用率が高いという状況とのこと。

新しいイノベーションや機会均等への期待があるようです。

 

001

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2015 Kanto Gakuin University All rights reserved.