教員紹介

人間共生学部教員コラム vol.229

2017.11.25 共生デザイン学科 佐々牧雄

イベントの企画を通して、コト(体験)のデザインを学ぶ

共生デザイン学科の佐々です。2017年年末も間近となりました。現在、佐々研究室(ゼミ)では、ゼミで行うクリスマスパーティを企画中です。所属するゼミ生、2年生から4年生までが仲良くなり「ゼミの一体感を醸成すること」と、ゼミの特徴である「コト(体験)のデザインを、イベントの企画を通して学ぶこと」を目的としています。一見遊んでいるように見えますが、私にとっては大真面目です。例えば、研究室のクリスマスの飾り付けは学生が担当しますが、共生デザイン学科のデザインレベルになっているか、飾り付けにより新たなワクワク体験を生み出しているかなどかを厳しくチェックしています。

Photo1

Photo2

Photo3

研究室の飾り付け

一人、一つのミニリースを製作し、それをつなぎ合わせて大きなリースにします。 パーティの後は、それぞれが持ち帰ります

 

ところで、以下の写真は少し凝った企画に取り組んでいる様子です。まず「クリスマスらしい小さな置物」というテーマで、3、4年生と2年生の2チームに別れ、別々に紙粘土で制作を行います。パーティ当日、それぞれのチームが、相手チームの作品を見て、誰の作品であるかを当てるというゲームを行います。人柄などが色濃く作品に表れているはずです。数多く当てたチームが勝ちですが、盛り上がることは間違えないと思います。その様子は、佐々ゼミ(33ゼミ)のフェースブックで後日報告します。このように、ゼミでは学生が主体となったイベント企画(デザイン)により、新たなコトを生み出す活動に日々取り組んでいます。

Photo4

「クリスマスらしい小さな置物」の制作の様子

 

Photo5

出来上がった小さな置物たち

 

佐々ゼミ フェイスブック https://www.facebook.com/33lab/

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2015 Kanto Gakuin University All rights reserved.