教員紹介

人間共生学部教員コラム vol.101

2012.07.12  岸 正尚

トトロに寄せて

大トトロの「ミミンズク」は一三〇二歳、中トトロの「ズク」は六七九歳、小トトロの「ミン」は一〇九歳。宮崎駿が絵本用に書いた「となりのトトロ」の「初期のイメージボード」から得た知識だ。
「ミン」だけはまだ一〇九歳と若いから、一人前に扱われていないのだろう。「ズク」という語尾がついていないのはそのせいだと思う。野鳥の会の野外観察ハンドブックの『野の鳥』によれば、「ズク」がつくのは、フクロウ目フクロウ科に属する、コミミズク、トラフズク、アオバズク、オオコノハズク、コノハズクに限られる。だとすればトトロのモデルはフクロウたちの仲間に違いない。
もっと裏がとれないかと本を探したがなかなか見つからない。だが、中国語(繁体字)の辞書の中におもしろいものを見つけた。フクロウを「猫頭鷹」と書いてあった。だから、トトロには嘴でなく歯があるのかも知れない。おそらく宮崎駿はそのことを知っていたはずだ。ならばあの造形は少なくともフクロウ目の鳥と猫から生み出された可能性が高い。

 

 

自分の思いついたことを大事にし、自分の発想を豊かにしていくのは、読書量と旺盛な好奇心だ。それは雑学のまま終わることはない。思考することの楽しさを教えてくれるからだ。

 

 

人間共生学部から金沢八景へと海沿いの道がのびている。平潟湾にもやっているヨットのマストの天辺に鵜がとまっている。足をのばし能見台から海側へと丘を越えると長浜野鳥観察園がある。鵜も、翡翠(かわせみ)も鴨の類もいる。大学からの帰り道にときどきあるく散歩道だ。
この間野鳥園の脇の高層住宅にハヤブサが羽を休めているのを見つけた。まだここでフクロウ目に属する鳥は見つけていない。もっと山側の能見台の森に行かなければ無理かも知れない。いつの日にかフクロウ目の鳥を見つけたと報告したいのだが。

 

 

人間共生学部の魅力は豊かな自然環境の中にあることかも知れない。この素敵な空間に属して、人が考えもしなかったことを考えて語り合う師と友が見つかれば、大学生活は充実したものになるに違いない。

 

 

岸 正尚(コミュニケーション学科)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2015 Kanto Gakuin University All rights reserved.