教員紹介

人間共生学部教員コラム vol.95

2012.04.12  金子 義幸

入学前準備教育の感想文から

今キャンパスは、春休みを終えて新1年生が加わり、いつもの活気を取り戻しています。その新1年生のことですが、進路決定から入学までの期間が長い人にはそれなりに自由な時間があると考えられますので、本学科では入学前準備教育として本を読んだ感想文などを提出してもらっています。課題は学科の各教員がそれぞれに提示します。わたくしは経営学が専門ですので、会社について既存の価値観なり常識にとらわれない何か新しいアイデアがあるのではと思い、柔軟な想像力を期待して会社づくりに関連した課題にしています。また、そこからどんな価値観を持っているのかを読み取ることもできると思います。

 

 

提出された文の中に、安心できる会社、平和な会社、市民から愛される会社というように、まさに理想の会社像を表現したものがありました。たとえば、アットホームな幸せな会社。ここは会社の人たちがお互いに信頼し、困ったことを打ち明けることができる雰囲気の会社です。もちろん社員は皆笑顔でお客様を迎えることになります。お互いに楽しく仕事ができる職場というわけです。

 

 

また、会社の商品なりサービスの需要動向を踏まえたうえで、ほかの会社にない特徴を提案するものもありました。たとえば、旅行代理店ですが、アメリカでカウボーイなどの仕事を体験するツアーを企画していました。閉塞した日常から抜け出してウキウキ感のある仕事体験です。また、ネットを通じた電子商店街の運営会社もありました。新しいビジネスモデルとして急成長する業界ですが、同時にトラブルも発生していますので、安心・安全な取引を提案しています。

 

 

今回読んだのは今年の2月でしたが、新1年生のみなさんには共通に「安心・幸せ・笑顔」など、社会で温かい関係をつくるという視点があって、本当に大事なことは何であるかをちゃんと意識しているように思いました。また、自分のキャリアについても言及した人も少なくありません。

 

 

問題はそれをどのように実現に結びつけるかですが、まずは身近なところとして笑顔あふれるキャンパスをつくり、それから社会へと発展させていくよう願っています。また、その意味では大学が学生それぞれの気持ちを受けとめて、望む将来に一歩でも近づけるように支援指導していく必要性を強く感じました。むしろ教えられることが多く、私にとっても意義ある入学前準備学習でした。

 

 

 

 

金子 義幸(コミュニケーション学科)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2015 Kanto Gakuin University All rights reserved.