教員紹介

人間共生学部教員コラム vol.151

2014.07.10  青栁 明

ゼミナール紹介

今回はゼミナール活動の報告です。
青柳ゼミナールでは「英語言語学」を学びの中心として、多言語、多文化に関して学びます。昨年度(2013年度)は、神戸にある「海外移住と文化の交流センター(旧神戸移住センター)」や「神戸北野異人館街」を訪れ、多くのことを学びました。当センターは1928年に開設され、ブラジルに移住する人達が、ポルトガル語、洋食やベッド生活など現地習慣の習得の為に一週間ほど滞在した場所です。内部は、ほとんど当時のまま保存されており、移住を前にした不安な心境を表した落書きも残っています。写真は、移住する際に持参した「農機具」です。このような単純な道具で広大な密林を切り開き、立派な農園を作った人達の苦労は大変なものであったろうと思います。現在日本にいる多くの日系ブラジル人が、このような日本人移民の子孫であることはご存じですね。センターでは、現在日本に滞在している日系ブラジル人のために、ポルトガル語やブラジルの習慣などを学ぶ講座も開講しています。

 

 

「神戸北野異人館街」は、開港後の日本で来日する外国人が増加したため、明治政府が地域を設定して日本人との雑居を認めたことに始まります。現在では約18館が公開されていますが、皆さんには「風見鶏の館」(写真)がお馴染みですね。当館は、ドイツ人貿易商ゴットフリート・トーマス氏が自宅用として建てた(1910年)と言われています。キッチンや浴室などもきちんと保存され、当時の外国人達の生活様式が良くわかります。またこの近辺には、おしゃれなお店やレストランも多く、とても楽しいひと時を過ごしました。

 

 

 

 

青栁 明(コミュニケーション学科)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7002
Copyright(c)2015 Kanto Gakuin University All rights reserved.